« 抜け換えが終わったら・・ | トップページ | だるまのようなカイ »

我が家のレトロなもの

3659













我が家にあるレトロなものです。セピアな色が似合う
骨董品のおいてある店が好きな旦那が買い求めては
集まったものです
上の右の時計は4面体になってて世界あちこちの
時間を知ることができる時計

3658













これは旦那がかなり昔に買った
オーディオの
アンプかな・・

ステレオばかりやたらあってこれ以上また
デッキとか買ってどうするの?というくらい前はよく
買ってきてはね、増やしてまして・・

おまけにスピーカーまで自分で作りだすわ・・
そんな若かりし頃でした(笑)
まぁこのデッキにはずいぶん昔はお世話になりましたが
今では触ることもないですね・・・
今は旦那もレコード針も手に入らないと嘆いております
というか・・・旦那今はあまり音楽聴いてないんじゃ??

今はコンパクトなコンポもあれば、パソコンだって
聴けてしまいますもんね
すべてが邪魔にならないコンパクトサイズになったもんです
私は今はすっかりパソコンで聴いてます
というか・・・コンポ壊れました(泣)CDラジカセは音が悪いし
スピーカーから大音量流すと皆にひんしゅくかうから
最近はもっぱらヘッドフォン派です

a3657











これまた古い・・・こんなもんどこからみっけてきたんだ?
というような、
昔のタイプライター
映画の中で出てきそうなものですよ
本当こんなもの買ってどうするの?っていうのを買うのが
好きで、今ではもう全然何を買おうが干渉しないけど(笑)
それほど変なもの買うときあるから。

それにしてもなんで男の人はこういうの好きなんでしょうね
車にしても、昔の
117クーペの真っ赤なのを趣味で
持ってて、それに半端じゃなく手を加える
エンジン塗ってみたり、やたらいじくるものだから
たまにその赤い車を動かすときは誰も乗りたがらない
何故って・・古い車だから途中でエンスト起こすから
帰ってこれなくなる(笑)
派手だから乗りたくない・・・ということで子供たちも嫌がるの

迎えなら普通にワゴンでいいからって。言われてました
その車も事情があって手放すことになって、車を売ることに。
売れたらお金を貰うことになってたのに
でもお願いした車の会社が、車ごとそこの中古ショップが
潰れたのか、ドロンしちゃったんですよね
もちろん旦那は預けるんじゃなかったと怒ってました。

かつて大事にしてた旦那の愛車はどこか消えました。

レトロなものといったら、横浜のラーメン博物館あそこは
なかなか面白かったです
今はお店とかもレトロなつくりがブームですもんね

|

« 抜け換えが終わったら・・ | トップページ | だるまのようなカイ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私もレトロな物、大好きです。先日も、ダイヤル式の黒電話器を買ってきました。でも、使ってみると不便すぎて・・・。部屋の隅っこでホコリをかぶってます。
117クーペ、憧れの車でした。若い頃は、とても高価で手が出なくて・・・。ジュウジアローがデザインした車、今でも一番美しい車だと思っています。

投稿: shiro | 2005年10月10日 (月) 23時16分

こんばんはshiroさん
shiroさんもレトロなもの好きなんですね
黒電話懐かしい響きです
昔はあのダイヤルを回すやつでしたものね
なんかあの回転して戻ってくるまでがもどかしいような(笑)
117クーペは旦那もどうやらお気に入りだったようです
昔の車って今のものよりボディーのラインがすごくきれいだと思うんですよ
かっこいい車が多かったように思います
117クーペを家の前に置いてあると、よく車好きな人が声かけてきてましたっけ。

投稿: Kuu | 2005年10月10日 (月) 23時28分

117クーペは、高校の時に恋していた数学の先生が乗ってたな~
ほんでもって、元彼も~~
結構、縁があんのよ~(* ̄∀ ̄)ノ"

ところで117クーペは皆さん、丸目派?角目派?
私は、丸目が好きだったな~~( ̄∇ ̄*)

投稿: iku | 2005年10月11日 (火) 07時49分

ikuちゃん元彼ですか?!ふふふ・・・
117クーペわりと人気ですね
やっぱり117クーペは丸目でしょ~!
あのボディのうしろのラインがわりと好きだなぁ

高校頃はやれあの車がかっこいい!とか言ってましたっけ(笑)
それほどデザインのいい車が多かったんだよね

投稿: Kuu | 2005年10月11日 (火) 21時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のレトロなもの:

« 抜け換えが終わったら・・ | トップページ | だるまのようなカイ »